読書生活 

本や新聞を読んでいます

バズらせる技術

この記事をシェアする

 ブログ生活をさらに充実させるために、『世界一やさしいブログの教科書1年生』という本を買いました。全部で286ページの分厚い入門書です。最後の章に「バズらせる技術」とありました。わたし、バズったことなし。なになに、これは読まないと。

意識してバズらせることができるか?

バズとは、

「SNSなどで話題になり、その情報が広く拡散されていく現象」

だそうです。「偶然のバズであれば、ある程度の期間ブログを運営していれば誰でも経験できる」とあります。そして、

意図的にバズらせることができたら、これはもう技術に昇華される。

とのことです。ふむふむ。

 アクセス数を気にして書くと、全然読まれないのに、アクセス数を気にせず好きなように書いた記事がなぜか読まれる、そういう経験、わたしはよくあります。多くの人に読んでもらうことがどれだけ大変なことか、今、身にしみてわかってきています。 

yama-mikasa.hatenablog.com

 これも、そうです。まさにタイトル通り、「グーグル検索で上位を狙って書いた記事が全くだめだった」という話です。 

yama-mikasa.hatenablog.com

 この記事はそこそこ読まれたんですよ。「狙って書いた」記事が読まれず、「狙って書いた記事がだめだった」という記事が読まれるという、わけのわからないことになっています。ねらってバズらせる、その技術を身につけたいです。

 この本によると、バズらせる技術は3つあるとのことです。

バズらせる技術① 記事のコンセプトを明確にすること

 「コンセプトがしっかりしていなければ、芯の通った文章を書くことができない」とあります。P28から引用しました。

得意な分野、あるいはそれから力を入れて学びたい分野を書く。

とのことです。そしてとにかく大切なのは、

目的をはっきりさせること。

自分ができることは何かを意識しておくこと。

その情報が読者に喜ばれるかということを考えてテーマを決めること。

この3点だそうです。それはわかるのですが‥。

バズらせる技術② 全てを凝縮したタイトルをつくること

せっかく書いた記事も興味を引くタイトルでなければ、SNSのタイムラインに流れてもクリックされません。

とのことです。「これ、おもしろそう、」と思ってもらえなければクリックしてもらえないわけですからね。シェアされやすいタイトルとは、

人の感情を揺さぶるようなタイトル

だそうです。感情を揺さぶるようなタイトルとは何か。具体的には、

「感動」「笑い」「サプライズ」といった、読み手の好奇心を刺激するようなフレーズです。タイトル内に読者の興味関心を引くような文言を入れておくと、クリックしてみようと思わせることができます。

とのことです。

 この「タイトルの重要性」は、ブログだけではなく全ての文章に言えるようです。以前こちらで読みました。 

yama-mikasa.hatenablog.com

バズらせる技術③ 推敲を徹底的に行うこと 

 ここが一番参考になりました。「7回推敲しろ」と言います。その7回をいつ行うかというと、

書き上げた当日に3回、翌日の朝と記事の公開直前に1回ずつ、そして、記事公開後に2回の計7回の修正をします。

だそうです。チェックする箇所は、

「誤字脱字はないか」

「もっとインパクトのある言葉にできないか」

「もっと簡潔にできないか」

「もっとわかりやすい表現はないか」

この4つのポイントだそうです。公開後のチェックも行うのか‥。なるほど。「何回も手を加えることで、研ぎ澄まされた記事になる」と言います。やはり、楽してたらダメですね。時間をかけてきっちり仕上げないといけないようです。 

 

でも、これ読んで、バズる記事を書ける自信がありません。なんでかなあ。自信ない。まったく。 

yama-mikasa.hatenablog.com