読書生活 

本もときどき読みます

広辞苑が10年ぶりに改訂するってよ

この記事をシェアする

広辞苑が改訂するってよ 

 朝日新聞10月25日の朝刊です。

www.asahi.com

 10年ぶりに、広辞苑が改訂されるとのことです。今度の改訂で第7版だそうです。わたしが愛用している広辞苑はこれです。

f:id:Yama-Mikasa:20171025211413j:plain

 今から25年前に買いました。古いんですが愛着ありまして。このブログでもたびたび登場しています。「共布」を調べましたね。みなさん、「共布」読めますか? 

yama-mikasa.hatenablog.com

 先の朝日の記事によると、

岩波書店は24日、広辞苑を10年ぶりに改訂した第7版を来年1月12日に発売すると発表した。1万項目を追加し、計25万項目を収録する。「がっつり」「のりのり」など若い世代が使う口語を加える一方、「給水ポンプ」「スーパー特急」など時代の変化で説明が不用になった言葉は削除した。

とあります。

 変更例というものが表にまとめられています。

今回の改訂で削除された言葉

  記事にある「給水ポンプ」や「スーパー特急」の他に、「書留小包」「案の如く」などの言葉が削除されたとあります。

 これらの言葉がわたしの愛用する第4版にのっているか調べてみました。

 まず、「給水ポンプ」から。ありました。

「給水ポンプ」給水に用いられるポンプ

ですって。

 次、いきます。「スーパー特急」。あれ?ないよ。ない。ないって。

 次、「書留小包」。ありました。

「書留小包」書留郵便の手続による小包郵便物 

 最後、「案の如く」。ありました。

「案の如く」考えていたように。推量のとおりに

新たに収録された言葉

 新しくどういう言葉が収録されたかというと

「日本語として定着してきた言葉」を厳選。広く口語で使われている「がっつり」などを収録したほか、「クラウド」「フリック」といったIT・ネット用語、「火砕サージ」などの自然災害・地球科学関連語、「赤塚不二夫」などアニメ・漫画といった分野を重点的に扱った。

だそうです。この記事には『広辞苑の変更例』として、新たに収録した言葉や、削除した言葉、収録を見送った言葉などが表になってのっています。

 上記の「クラウド」「フリック」「火砕サージ」「赤塚不二夫」以外にもこれらの言葉が新しく収録されました。それら「今回収録された言葉」をわたしの勝手な感覚で分けてみました。

今までなかったのが不思議

「クールビズ」

「ブラック企業」

「コスプレ」

「ごち」

「分刻み」

「ナルシスト」

「キャリーバッグ」

「ブルーレイ」

わたしは余り使わないけど知ってます、程度の微妙な言葉

「デトックス」

「惚れ直す」

「天才肌」

「ドクターヘリ」

わたしよく意味よくわかりません、なぜこれが収録されたの?という言葉

「エントリーシート」

「浜通り」

収録を見送られた言葉 

 これがおもしろいんですよ。不採用にされた言葉たちを見てあげて下さい。これまた、わたしが面接官だったら採用するか、採用見送りにするか、理由もつけて勝手に判定し直しました。

採用

「ほぼほぼ」(よく使うんですよね)

採用見送り

「きしょい」「がん見」→(なんとなくかっこ悪いから)

「ググる」「ディスる」→(なんとなくかっこつけてるから)

「つんでれ」→(まだ早い)

「TPP」「豊洲市場」「ゆるキャラ」

→(今は使われているけど、消えそうだから)

「アラサー」→(なんとなく差別的だから)

発行部数は右肩下がり 

 朝日の記事によると、発行部数は落ちているようです。

発行部数は第3版の260万部を頂点に右肩下がりで、第7版は机上版も含めて20万部を刊行予定。編集部長は「何でも無料で検索できる時代だが、簡潔な言葉で正確に説明してほしいという需要は減っていない」と話す。

とのことです。買おうかな、わたし。確か1万円位するんだよね。これ。 

yama-mikasa.hatenablog.com 

yama-mikasa.hatenablog.com 

yama-mikasa.hatenablog.com