読書生活 

本もときどき読みます

英語に聞こえると言われている日本語が本当に通じるのか片っ端から試してみた

この記事をシェアする

 英語の成績が全くダメで苦労しました。大人になって、「英語表記の上に英語の発音を日本語(カタカナ)で書くのはだめな勉強の仕方である」と聞き、ショックを受けました。英語の水「water」を「ウオーター」とアルファベットの上に書いていたのです。

 ところが、「ジョン万次郎は、英語を覚えるとき日本語に置き換えて覚えていた」と聞きました。万次郎によると、英語の水「water」は「藁(わら)」に聞こえたのだそうです。どうやら英語のスペルに引っ張られることなく、自分の耳を信じて、聞いたように日本語に置き換えるのは有効な学習法だとのこと。 

 英語と日本語の関係について『言葉とは何か』という丸山圭三郎さんの本に、こう書いてありました。

明治時代の人は、苺のことを「七郎兵衛」(←strawberry)、鉛筆のことを「ペンセロ」(←pencil)、競走スタートラインで、On your mark! Get set! といってピストルでドンと合図するのを聞いて「大山元帥どん」と覚えたそうです。

 七郎兵衛がストロベリー?これ通じるのかな、という話を息子にしたら、グーグルで検索できるよとのこと。グーグル検索の言語を英語に変更してから検索画面のマイクを押して、「七郎兵衛」と話し、画面に「strawberry」と表示されたら通じると言えるのではないかと。なるほど。たしかになまじ外国人に聞くより、よっぽど客観的なデータが得られそうです。ということで、さっそく試して見ました。

英語に聞こえる日本語 

 ネットや本からたくさん集めました。その中で、日常生活でわりあいよく使われそうなものを15個集めました。これがその15個の「英語に聞こえると言われている日本語」です。

   日本語:こう聞こえるであろう英語とその意味  

1「掘った芋いじるな」:「What time is it now」(今何時ですか?)

2「幅、ないっすね」:「Have a nice day」(よい一日を)

3「知らんぷり」:「Sit down please」(すわってください)

4「斎藤寝具」:「Sightseeing」(観光)

5「湯飲み」:「You know me?」(私のことを知ってる?) 

6「藁(わら)」:「Water」(水)

7「ハマチ」:「How much?」(いくらですか?)

8「わしゃ、変」:「Wash your hand」(手を洗ってください)

9「めっちゃ強いねえ」:「What your name?」(名前を教えて?)

10「上は10号」:「Where are you go?」(どこへ行くの?)

11「社長はマウス」:「Shut your mouth」(黙れ!) 

12「辛いです」:「Try this」(試してみて)

13「揚げ豆腐」:「I get off」(バスなどで)降ります)

14「親友はゲン」:「See you again」(また会いましょう)

15「兄移住」:「I need you」(あなたが必要です)         

調査方法

 言語を英語(US)に設定し、グーグルのマイク部分をクリックし日本語を発声します。そして、狙っている英語が検索されたらその日本語は通じると判断します。一回だとまぐれということも考えられるので、全ての単語を10回試しました。

 話すときには、滑舌よくゆっくりとかなりの音量で話しました。また、「ホッタイムイジルナウ」など小賢しいまね(英語に寄せないということです)をせず、「掘った芋いじるな」と生粋の日本語(標準語)で話しました。また、失敗が何度も続いても試行錯誤をせず全く同じように話しました。検索結果に関係なく「掘った芋いじるな」と機械的に話すように心がけました。わたしは人生の半分を神奈川県で過ごしているので、だいたい標準語です。

結果発表 

たぶん通じない(0~20%) 

 0%

「斎藤寝具」「Sightseeing」(観光)。

「知らんぷり」「Sit down please」(すわってください)。

「めっちゃ強いねえ」:「What your name?」(名前を教えて?)

 10%

「辛いです」:「Try this」(試してみて)

ひょっとしたら通じるかも(30%~60%) 

30%

「社長はマウス」:「Shut your mouth」(黙れ!)

60%

「わしゃ、変」:「Wash your hand」(手を洗ってください)

「揚げ豆腐」:「I get off」(バスなどで)降ります)

「上は10号」:「Where are you go?」(どこへ行くの?)

たぶん通じる(70%~90%) 

70%

「ハマチ」:「How much?」(いくらですか?)

80%

「藁(わら)」:「Water」(水)

90%

「幅、ないっすね」:「Have a nice day」(よい一日を)

「湯飲み」:「You know me?」(私のことを知ってる?)

「親友はゲン」:「See you again」(また会いましょう)

間違いない(100%) 

100%

「掘った芋いじるな」:「What time is it now」(今何時ですか?)

「兄移住」:「I need you」(あなたが必要です)

 こんなにばらつきがあることに驚きました。  「掘った芋いじるな」は15回目に、「兄移住」に至っては21回目に違う変換になったくらいです。会話の中で使うなら、流れで聞き取ってくれるはずなので、ほぼ間違いないでしょう。

 それに引き替え、「知らんぷり」の弱さったら。何回言っても、一度も「sit down please」にはなりませんでした。

おまけ 

 ちなみに、「七郎兵衛」は50%と意外に善戦しました。ただ、「大山元帥」は一度も「On your mark! Get set!」となりませんでした。「On your mark! 」にもならずです。

 この実験、はたから見ていたらかなり恥ずかしい光景でした。タブレットに「掘った芋いじるな」と丁寧で滑舌よく十回話し、それをノートにメモる姿は誰にも見られたくありません。けっこう大変でした。みなさんのお役に立てたかしら。 

yama-mikasa.hatenablog.com

yama-mikasa.hatenablog.com

yama-mikasa.hatenablog.com