読書生活 

本や新聞を読んでいます

「愛されるよりも愛したい」とはよく言ったものだ。

この記事をシェアする

f:id:Yama-Mikasa:20171116200617j:plain

 先日、朝日新聞でこんな投稿を読みました。2017年10月29日(日)の声欄です。

2度目のプロポーズに迷う私 主婦 腰山佑子 茨城県 73歳

 その昔、私は恋愛結婚をした。戦争で連れ合いを亡くし、苦労して夫と義弟を育てた義母との同居生活。いつしかそれは義母に絶対服従の関係となった。夫が私をかばってくれることも全くなかった。

 昨夏、義母が107歳で亡くなった。義母に仕え半世紀。夫は80歳、私は72歳となっていた。通夜の晩に夫から2度目のプロポーズ。あの世へ行っても私をさがして結婚すると。すぐには言葉が出ない。あの世まで義母に尽くすなんて。

 私は結婚後も働いてきたが、退職後間もなく難病となり、ステロイド剤などにより生かされている。2人の子どもは独立し、夫との気楽な生活。夫は家事を手伝ってくれ、病気の私にとても優しい。今が幸せで何の不足もないが、まだ夫にはプロポーズの返答をしていない。 

 すごくよくわかります。

 わたしは家人に対する鬱屈した気持ちをこのブログによく書いています。そんなネガティブ記事に共感してくださる方がいるのです。そういう方のコメントを見るたびに、「こんなむなしい気持ちを味わっているのはわたしだけではない」と思える。返信できていなかったり、(内容が具体的すぎて)公開できなかったりしますが、本当にありがたく思います。腰山さん、お気持ちよくわかりますよ。

 

 一方、2017年11月7日の朝日新聞の同じく声欄にこんな投稿がありました。

初めての香水胸に夫恋うる 医師 伊藤陽子 福島県 83歳

 タンスの日常着を整理していた時、香水の瓶を見つけた。香水は年を重ねるごとに3、4個は持つようになっていたが、仕事や子育ての忙しさから忘れていた。その中の一つが気になった。

 花の香りがする瓶で、夫と結婚し、初めて東京へ行った時にデパートで「ぜひプレゼントしたい」と買ってくれたものだ。25歳で結婚し、58年経ったが、瓶の底に少し残っていて、そのすてきな香りに、私は何か夫と再会したようで涙がこぼれた。

 子供3人、孫6人に恵まれた。夫と私は医師。東日本大震災の時はとにかく闘いというような日々の中で、夫の膵臓がんと肺への転移の発見が遅れた。治療があまりできない中で4ヶ月で旅立った。

 それから6年。夢の中のように生き、やっと自分や周りが見えるようになった時、この香水に出会った。初めて「契る」ことを深く考えた日になった。

 初めての香水胸に夫(つま)恋うる

 亡くなったご主人に対してこんなすてきな思いをおもちの方がいるなんて。

「夫と再会したようで涙がこぼれた」

「初めての香水胸に夫恋うる」

 なんとまあ。他人(家人)のことをそこまで愛おしく思えることがうらやましい。

 先の投稿者様は、2回目のプロポーズをされるくらいご主人から愛されています。しかし、ちっともうらやましくありません。後の投稿者様は、お亡くなりになったご主人のことをそこまで愛してらっしゃる。うらやましい。

 先日、テレビで特集をしていました。認知症をわずらった奥様の介護をしている方の密着取材です。わたしなら耐えられない。こんなこと言ってはいけないのだろうけど。

 そもそも、ほぼ時を同じくして、まったく違う人生を経た人の投稿をのせるんじゃないよ(愚痴)。投稿するくらいですから、さきほどの茨城の方は新聞読み込んでいるでしょう。この福島の方の投稿ももちろん御覧になる。新聞屋さん、この日は腰山さんちに届けないでもらいたい。

 「自分がどう思われるか」じゃあないんですよ。「自分がどう思うか」なんです。 

www.yama-mikasa.com

www.yama-mikasa.com 

www.yama-mikasa.com