読書生活 

本や新聞を読んでいます

文豪の描く冬の表現

この記事をシェアする

 寒くなってきました。体調はいかがですか?随時更新しています。

f:id:Yama-Mikasa:20171118111738j:plain

太宰治 

十月末になると、山の紅葉も黒ずんで、汚くなり、とたんに一夜あらしがあって、みるみる山は、真黒い冬木立に化してしまった。『富嶽百景』

藤沢周平

もう幾度か雪やみぞれが降って葉が落ち着くした山々は、山肌に雪をこびりつかせたままおし黙ってつらなり、その間を流れる川の音はかぼそかった。『密謀(上)』

吐く息だけが白い。頸城野の根雪は、いつもの年より遅れていて、そのかわり朝夕が寒い。『密謀(上)』

兼続は外に出た。やわらかい冬の日が兼続を包んだ。時刻は辰ノ刻(午前八時)ほどだろう。日射しはかなりあたたまっていたが、その中に西から来て東に流れる風とも言えないほどの空気の流れがふくまれていて、衣服の上から肌を刺してくる。兼続は雪の匂いを嗅いだ。野の雪が遅れているだけで、季節はまぎれもない冬だった。『蜜謀(上)』

遠い山々は、雪をいただいたまま静かに冬の光を浴びていた。『蜜謀(上)』

暗い楼梯を下りて、北向の廊下のところへ出ると、朝の光が美しく射してきた。溶けかかる霜と一緒に、日にあたる裏庭の木葉は多く枝を離れた。就中(わけても)、脆いのは銀杏で、梢には最早一葉の黄もとどめない。『密謀(上)』 

それは少許も風のないしんとした晩で、寒威は骨にしみ通るかのよう。恐らく山国の気候の烈しさを知らないものは、こうした信濃の夜を想像することができないであろう。『密謀(上)』 

三人の中老は、一月の淡い日射しの中で喜色溢れる顔を見かわしていた。『密謀(下)』

暗鬱な雲が頭上を覆い、木々は残る木の葉をふり落とそうとしていた。氷雨が野山を叩き、時おりさしかける日射しは、日一日と淡くはかない色を帯びた。そして夜はすばやくおとずれて、暗く長い夜がはじまる。会津は冬を迎えようとしていた。『密謀(下)』

空は晴れて、初冬にはめずらしいやわらかな日射しが、山麓の村に降りそそいでいる。『密謀(下)』

夏目漱石 

割合に風のない暖かな日でしたけれども、何しろ冬の事ですから、公園の中は淋しいものでした。ことに霜に打たれて蒼味を失った杉の木立の茶褐色が、薄黒い空の中に、梢を並べて聳えているのを振り返って見たときは、寒さが背中へ噛り付いたような心持がしました。『こころ』

井上靖

いつも雪はしんしんと降っていた。昨日とは違って大粒の雪がこやみなく、いかにも重たそうに落ちていた。空は幾らか曇っていて、急に冬らしくなった薄ら陽が鋪道の飢えに散っている。『氷壁』

街は歳暮のにぎわいを見せているが、ひところのクリスマスまでの気狂いじみた混雑さはなかった。魚津はクリスマスが終わってから正月までの短い期間の、なんとなく憑物が落ちたような表情をしている師走の街が好きだった。『氷壁』

三島由紀夫

南にむかった窓は壮麗な星空を展いていた。オリオンはまだ見えず、蠍座は既に西に沈み、射手座もその跡を追おうとしていた。これに隣る山羊座は頭と尾だけをあらわし、中央には水瓶座が、三等星アルファーの美童の頭と、左に四個の四等星で水瓶の形を描いていた。その口から星々の水は南へ滴り落ち、魚座は滴りを受けてこれを飲んでいた。『美しい星』

五時半になると、一雄の腕時計は、夜光塗料の助けを借りずに、文字盤の刻みも鮮明に読まれた。東の横雲は葡萄いろになり、空はほの白く、南西の山々の稜線はくっきりし、オリオンの三つ星が薄く残っていた。『美しい星』

初冬の午前の日があたたかく射した白い道の上へ、その店の紅と青の日覆が、人の背丈よりも低く張り出している。『美しい星』

山本有三

うら枯れたハスが、そこに少しばかり残っているが、葉はもう一枚もついていない。なんのことはない。こわれた番ガサをさかさまに突きさしたように、えがちょこんと立っているだけである。水の中には、カラカサの紙の切れっぱしのようなものが、きたなく、とけて沈んでいた。季節が季節のせいか、池のまわりには、いつものように、散歩する人の姿は見えなかった。どっちを向いても、さびれはてた感じだった。『路傍の石』

路地のなかには、いつかの雪が置き去りにされたように、まだちょっぴり残っていた。それが昼のあったかさで解けて、吾一の足もとのところで、ちいさい水たまりをつくっていた。『路傍の石』

吉村昭

翌朝、初雪が舞った。雪はちらつく程度で、強い風に吹き散らされてわずかに眼にとまるだけであったが、午後に入ると密度が増し、家の入口に垂れたムシロをはためかせて舞い込むようになった。『破船』

遠くの峯々に朱の色が消え、村の背後の傾斜に繁る樹木の紅葉も色褪せた。気温は、日増しに低下した。樹葉が枯れ、落葉がしきりになった。枯葉が舞い上がる。それらは村の道や屋根に降りかかり、遠く海面に落ちるものも多かった。『破船』

二月に入ると、大雪に見舞われた。家は雪に没し、家の中は闇に近くなった。彼は、母とともに屋根の雪をおろし、家の窓の外の雪をとりのぞいて陽光のさしこむ空間を作った。『破船』

遠い峯々を彩っていた紅葉の色が褪めはじめ、気温が日を追うて低下していった。『破船』

樹葉が枯れ始め、裏山から舞い上がる落葉が村に舞い落ちるようになった。海も冬の様相をしめし、北西風の吹きつける日が多くなり、海水は、一層冷えた。『破船』

落ち葉がやんだ頃、早くも初雪が舞った。ちらつく程度であったが夜になるとかなりの降りになり、翌日は激しい吹雪になった。ようやく海は冬の様相を示し、波浪の音が村をつつみこんだ。『破船』

華やかな夕焼けが、西の空を彩った。茜色の積乱雲がつらなる峰のようにそそり立ち、やがて下方から徐々に紫色にかげっていった。『他人の城』

雪が、連日舞うようになり、村落も裏山も白一色にそまった。『ハタハタ』

山は白雪におおわれ、村落にも雪が舞うようになった。そして、積雪が増すと定期バスも村落を訪れることもなくなり、村落は、孤絶した世界と化した。『羆』 

www.yama-mikasa.com

www.yama-mikasa.com 

www.yama-mikasa.com 

www.yamammikasa.com