読書生活 

本や新聞を読んでいます

関東大震災で朝鮮人虐殺はあった 『関東大震災』吉村昭

この記事をシェアする

 「関東大震災で朝鮮人虐殺はなかった」と主張する人がいるようです。それは違います。本書をまず読んでもらいたい。他にも山ほど資料はありますが、まず小説で読みましょう。

 日本で災害が起きるたび、よく海外メディアで「日本人の冷静な対応を称賛」というニュースを聞きます。しかし、「日本人は…」というのは大きな間違いです。僅か90年前の関東大震災後は、まさに阿鼻叫喚の大地獄絵図でした 

関東大震災発生 

f:id:Yama-Mikasa:20171123124724j:plain

 大正12年9月1日午前11時58分。震源は相模湾、マグニチュードは7.9.大地は波うった。鎌倉の大仏は50cm地下にもぐり、40cm近くも前にせり出した。

 神奈川の鉄道は軒並み脱線転覆し、根府川では40m下の海岸に車両が落下し、100名以上が死んだ。東京では68660人が死んだ。焼死が多かった。水道が破壊され消火がほとんどできなかった。避難者が持つ荷物が火勢をつのらせた原因となった。

本所区横網町

 最も犠牲者が多かったのは本所区横網町公園の広大な敷地。東京の犠牲者の半数以上がここで死んだ。何万人もの人間が家財道具を持って集まり、ゴザを敷いて避難した。近くの町からきた火がそれら家財道具に引火し激しく燃え、烈風が起こり大旋風とかし、人間や馬や荷物が燃えながら宙を舞った。火の大旋風が猛烈な勢いで回転し、すべてのものを跳ね上げる。跳ね上げられた人間は落下して死ぬ。死体の山を踏みつけながら逃げまどう。

 死体の山ができたといいます。調べたらありました。本当に山だ。この公園での焼死体(白骨含む)です。

f:id:Yama-Mikasa:20171123124841j:plain

 人間というモノは簡単に焼けるらしい。服など焼けはがれた死体にもすぐ着火する。火だけではない。巻き上げられ落下してくるトタンや家具、人間にあたり倒れる人も多かった。

 ここに逃げた40000人のうち、生き残った者は2000人という。

人間の自己中心性と内に秘められた暴力の解放

 鉄道や通信、電信機能は破壊された。情報が途絶した。情報は新聞のみだったが、都内の新聞社は軒並み破壊された。地方の新聞社は現地に取材に行けず、電話も出来なかったため、噂や現地から逃れてきた避難民からの言葉を、さも取材したかのように記事にした。「静岡県沼津市が震源地」「津波で東京は壊滅」といったものだった。

 東京の被災者は恐怖に怯えていた。地震発生直後から平時では見られない人間性の本質をむき出しにした市民の姿を数限りなく目にしてきたからだ。火の鎮まった地域には、どこからともなく姿を現した者たちが、死体の連なる中を歩き回り、川に漂着する手荷物を漁り、死体の指を切り指ごと指輪を回収し、死体の口をあけて金歯をえぐり取る者もいた。そして、集団を組む人間が混乱しきった災害時を利用して行動を起こし始めた。

朝鮮人虐殺はあった

 「朝鮮人が暴動を起こす」という流言発生

 この状況の中で「朝鮮人が放火している」という流言が瞬く間に広がった。当時は日本が朝鮮を侵略していた頃で、日本人は朝鮮人に対して後ろめたさをもっていた。それが流言を後押しした。

 その流言がたちまち「朝鮮人強盗する」「朝鮮人強姦する」というものに広まり、さらには「戸塚の朝鮮人300人が、現場のダイナマイトを携帯して襲ってくる」という具体的な内容を伴ったものに変化した。この流言が横浜から東京に一気に広がった。

朝鮮人が暴動を起こした事実は一つもなかった

  震災後、この朝鮮人に対する悪意ある流言について検察が徹底的に調査したが、朝鮮人が暴動を起こした事実は一つもなかった。確認できた事実はすべて、日本人が横浜各地で略奪行為を起こしたものだった。日本人と朝鮮人の体つきや顔はほぼ同一で、一般市民は廃墟と化した町で民家に押し入り略奪行為を繰り返す日本人を見て、朝鮮人の仕業だ、とその流言を信じた。

 流言は通常些細な事実が不当にふくれあがって伝わるものだが、関東大震災の朝鮮人来襲説は全く何の事実もなかったという特異な性格をもつ。大震災によって人々の大半が精神異常をきたしていた結果としか考えられない。

日本人の自警団による暴行

 各地で朝鮮人来襲に備えて自警団が組織された。東京では1045もの自警団が作られたという。恐怖にかられた自警団は町内を探し回り朝鮮人を発見すると暴力を加え殺害した。被害者は朝鮮人だけではなかった。通行中の日本人も路上で尋問を受けた。凶器を手にした自警団が「国歌を歌え」「いろは歌を口にしろ」と命じて、すらすら言えなかったら朝鮮人と怪しまれ殺された。なまりのある地方出身者の多くも殺された。

 

 様々な恐怖にかられた人の群集心理により、今では考えられない凶行が行われていました。特に、社会主義者や、朝鮮人への流言が起こり、それが一人歩きし異常な様相を呈し、無秩序の中で始まった殺戮の数々は目を覆いたくなります。人間の「業」が露出された「業災」とでも言うべき嫌悪感と戦慄を覚える先人たちの姿がここにあります。震災で亡くなった方へ改めて哀悼の意を捧げたい。 

yama-mikasa.hatenablog.com 

yama-mikasa.hatenablog.com 

yama-mikasa.hatenablog.com