読書生活 

本や新聞を読んでいます

一段上の作文技術 体言止めは多用しない

この記事をシェアする

 元朝日新聞記者の本多勝一さんが書いた『日本語の作文技術』という本を読んでいます。わかりやすく作文技術が書かれていて勉強になります。自分の言葉でまとめています。今回は、「体言止めはここぞというときだけにしよう」という話です。

体言止めは多用しない 

体言止めとは何か 

 広辞苑(第四版ですが‥)によると

和歌・俳句などで一句の末尾を体言で終わらせること。文章の末尾を体言で結び切りにすること。

とあります。体言とはほぼ「名詞」のことなので、本来なら名詞で終わらせている文章を体言止めと言いますが、本多さんは中止形の文章も体言止めと同様にとらえています。ここでは、本多さんにならって中止形も体言止めにふくめます。

新聞記事に多い体言止め 

 体言止めは新聞によくあります。せまい紙面になるべくたくさんの記事を入れることができるからです。最近の朝日新聞(2017年11月25日)から引用します。

2敗を守って、優勝争いに踏みとどまった八角部屋コンビ。開けっぴろげな明るさが持ち味だ。隠岐の海は栃ノ心に土俵際へ追い込まれながら、右から下手投げを打って逆転した。与えたくなかった左上手を取られてしまう紙一重の内容。反省しつつ「考えすぎると良くない。勝ったので良かった、と言っておきます」と笑わせた。

最近話題の相撲記事から引用しました。引用したのは全記事のうち最初の部分約3分の1に当たります。5つの文章のうち2つが体言止めです。

 今回この記事を書くにあたり、体言止めに注目して新聞を読みました。みなさんも探してみてください。たくさんありますよ。

体言止めがよくない理由

読者に軽佻浮薄な印象を与える

 本多さんは、体言止めをこう否定します。

 一流の文章家は体言止めを愛用することがない。(略)体言止めの文章はたいへん軽佻浮薄(けいちょうふはく)な印象を与える。軽佻浮薄でも下品でも、それが趣味だということになれば、もはやこれ以上論ずべき問題ではないだろう。ただ、読者を最後まで引っぱってゆく魅力に甚だしく欠ける結果、途中で投げ出して読まれなくなる可能性が高い。そうすると、結果的に「わかりやすい文章」と変わらなくなる。これは決して私のような偏屈者だけが言っていることではない。少なくとも文章家や文豪といわれる人々の中に、体言止めを趣味としている例を私は見たことがないのだ。

 

軽佻浮薄(けいちょうふはく)?どういう意味?調べてみましょう。広辞苑(第四版)より。

けいちょうふはく【軽佻浮薄】

軽はずみでうわついていて落ち着きのないさま。「―の世の中」

軽はずみでうわついて落ち着きないって‥。

「俺って賢いだろ」感がにじみ出る

体言止めを多用している文章には、「俺ってどう?」感が出ていませんか?これは、わたしだけが感じていることなのかもしれません。それも軽佻浮薄の一つかな。いい例をあげます。この文章を見てください。

家を飛び出した羆は、男たちの間をすりぬけ裏手の闇にとけ込んだ。男たちは家の中に入った。家の中は悲惨なことになっていた。天井にまで飛び散る血。床と土間には血にまみれた肉と骨の残骸。

「~飛び散る血。」「~骨の残骸。」と体言止めが続いています。どうだ!かっこよく書けてるだろ!という書き手ののびた鼻が見える文章です。この人、自分では名文書いたと思ってるんですよ。リズムもいいし、キーを打つ指が止まらないってところでしょう。

 これ、わたしが以前ブログに書いた文章です。吉村昭さんの『羆嵐』のあらすじを紹介したことがありまして、そのときの文章です。もちろん吉村昭さんはこんな書き方をしていません。自分の文章に酔っている感じがします。体言止めは、字数が限られているなど特別な場合以外はあまり使わない方がよさそうです。

体言止めを使うとき

 本多さんは体言止めを相当嫌っていますが、わたしは時には使ってもいいかなあ、と思っています。リズムがよくなる気がするからです。同じ語尾が続くとリズムが悪くなりますよね。そういうときにぽんっと体言止めを入れる。そうすることで文章のリズムが整う気がするからです。

直接話法(カギカッコの中)の中には絶対使わない 

 ただ、こういう場合はわたしも体言止めを使いません。直接話法の中です。この文章を見てください。

経済の見通しについて。「来年から再来年にかけて景気は回復。でもインフレは当分続くと見た方がいい」。難解な理論を平易に解説、というのが受賞理由の一つだけに答えは明快。

 本多さんが悪い例としてあげている文章です。今から40年以上前の朝日の朝刊です。この文章がだめな理由を、本多さんはこう説明しています。

 素直に考えてみよう。いったいだれが、実際の会話の中で「‥景気は回復。」というような体言止めの話し方をするだろうか。そんなに体言止めが好きなら、カギカッコをはずして間接話法にすればよろしい。いうまでもなく、直接話法は決して会話の録音テープの再現ではない。もし、実際の会話をそのまま文章で表現すれば、この例文で推察するとたとえば次のようになるだろう。

「そうですねえ。まあ、来年から再来年にかけてくらいには、まあ景気は回復する―と、ま、これはですね、もちろん推測ですけどね。ええ。」

 こんなものをそのまま直接話法で記事にしていたら新聞など作れない。しかし直接話法である以上、ありえないことを書いてはならないのだ。カギカッコの中を朗読したときに、少なくとも最低限の自然さをそなえていなくては、何のために直接話法にしたのかわからなくなる。

ざっくり言うと、「体言止めで喋る人などいない」ということです。同感です。軽佻浮薄感が二重に漂います。直接話法では体言止めを使いません。

 本多さんがあげたこの文章は40年前の文章です。先ほどのように、直接話法の中に体言止めを使っている例を新聞から探しましたが見つけられませんでした。あきらめかけていたところ、ひょんなとこから発見しました。『週刊新潮』です。

 映画『火花』の宣伝を兼ねた桐谷健太さんのインタビュー記事です。その最後にありました。

 天才肌の先輩芸人・神谷に扮した彼は、菅田将暉演じる後輩・徳永に「誰ひとり無駄じゃない」と話す。それは、映画の中で、夢に破れ憧れの世界から退いていく者に対して捧げられる言葉だが、同時に彼自身の強い実感がこもった台詞でもあった。

「でっかい花火を夜空に咲かせられる人もいれば、ちらっと一瞬だけ火花を上げて終わる人もいる。でもすべてはその火花から始まってるんだって。だから、あの台詞は、見るかどうかわからないけど、役者をやめて大阪に帰ると言った友だちや、会ったこともない、夢をあきらめた誰かに届けようと思って言いましたよ。目指した奴ら、全員が必要やってんって」

 11月のある日、彼は京都女子大学でトークショーを行っていた。毎年、学園祭シーズンになると、彼は全国の大学を回り、持ち前の話術とサービス精神で観客を笑いに笑わせている。でもどれだけ回数を重ねても本番前は緊張してしまう。

「出る前の俺の手、冷たいですよ、キンキン。心臓はドキドキ」

ところが観客の前に出た瞬間、パチッとスイッチが切り替わる。シャイで緊張しいなのに目立ちたがり。いまだに変わっていない。

 「出る前の俺の手、冷たいですよ、キンキン。心臓はドキドキ」、直接話法の体言止めです(正確には中止形です)。桐谷健太さんなら、本当に「心臓はドキドキ」と言ってるかもしれません。その次の「シャイで緊張しいなのに目立ちたがり」も体言止めですね。

 締めの3つの文章が、この桐谷さんのセリフとよく合っています。彼の雰囲気に合わせてわざとこういう書き方をしているのだったら、相当な手練れの記者です。軽佻浮薄感がぷんぷん漂ってます。 

www.yama-mikasa.com 

www.yama-mikasa.com 

www.yama-mikasa.com