読書生活 

本もときどき読みます

広辞苑の挿絵

 これをご覧ください。なんだか分かりますか?

f:id:Yama-Mikasa:20201101185815j:image

 わたしには、男性器にしか見えませんが、どうでしょう。広辞苑の挿絵です。

 広辞苑をみなさんは使いますか?わたしはスマホで検索しますが、それでも分からない時に使います。なかなか重宝します。

 今日も調べ物があって、パラパラと広辞苑をめくっていたら、意外と挿絵が美しいことに気づきました。絵のタッチが違うので、1人で描いているわけではないようです。詳しくは、ここにあるのでご覧ください。

https://dailyportalz.jp/kiji/180626203239

    この記事にもありますが、最初大きな絵を描くらしいのですが、凄まじく圧縮されて印刷されるので、細かく描いても潰れるんですって。だから、大きく、点描みたいに描くのだとか。

 今回は、何百とある挿絵の中から、わたしの目に止まったおもしろ挿絵を紹介します。

牛頭馬頭(ごずめず)

f:id:Yama-Mikasa:20201101183913j:image

 このコミカルな鬼、おもしろくないですか?牛頭馬頭と書いて「ごずめず」と読みます。広辞苑によると

 「地獄ので獄卒で、牛頭人身のものと馬頭人身のもの。」

だそうです。説明は1行なのに、挿絵はなかなかのスペースとってます。物騒なもの持ってますから、コミカルな動きですが、出会いたくはないですね。

轆轤(ろくろ)

f:id:Yama-Mikasa:20201101184733j:image

 ろくろ、今でもありますよね。回転運動をする器械です。パターンはイ、ロ、ハ、二、の4種類ありまして、このイラストはそのうちの「ロ」です。

 「木地細工などで円い挽物を作る工具。綱や革紐をまとった軸を横に設け、その端に取り付けた鉄製の爪に、粗挽きした材料の木地を固定し、軸を回転させながら、轆轤鉋(ろくろがな)で材料をえぐり削りとるための道具。」

 とあります。単純に勉強になりましたが、隣で応援しているちびっこのハイテンションぶりが可愛らしくて。お尻がかわいい。

博多獅子

f:id:Yama-Mikasa:20201101185815j:image

    ちなみに冒頭の卑猥なイラストは「博多獅子」です。と言っても分かりませんよね。卑猥なイラストではなかったようです。では、博多獅子とはなんでしょう。広辞苑によると、

 「博多で売る獅子頭の玩具。」

 説明はこの1行だけ。意味が分かりません。獅子頭とは、獅子舞いで使う木で作った獅子の頭ですって。どこが獅子の頭なの?お面になってないですよね。博多の人、教えてください。